航空局申請代行

「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書」等の書類は、作成に時間がかかる上に、航空関係の専門用語も多く、複雑な申請となっております。航空会社であり、航空法に熟知しているR&W AVIATIONが申請のサポートを行います。

改正航空法に伴う管轄航空局へのドローンフライト申請を行政書士事務所との連携により行います。

R&W AVIATIONに撮影をご依頼頂く分には、弊社が許認可を受けていますので、申請の必要は有りません。

弊社の無人航空機の飛行に関する許可承認について

申請に関するお問い合わせははまずご相談下さい。ご相談は無料です。

 

無許可でフライトすると刑事事件として取り扱われます。

ドローン等の無人航空機は、2015年以降の航空法改正により、許可が必要な場合、無許可でフライトをすると、逮捕の事例も出ております。2017年、R&W AVIATIONがある九州の地での逮捕者が出ました。

 

その他、全国で逮捕者、書類送検等の事例が起きております。

航空局への申請出来る方

航空局に申請には次のような条件があります。詳しい内容はお問い合わせ下さい。

  • 飛行させる場所の土地所有者の飛行許可を得ている、または許可を得ることができる
  • フライト予定日までに、1ヶ月1~2ヶ月以上の期間がある
  • ドローンに関する法令や安全飛行に関する知識、操作能力がある
  • 10時間以上のフライト経験がある
  • 申請する機体の重量が200g以上25kg未満である