弊社の無人航空機の飛行に関する許可承認について

弊社の無人航空機の飛行に関する許可承認について

航空法の改正によりドローンフライトには申請が必要です。

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。ドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

<承認が必要となる飛行の方法>承認が必要となる飛行の方法

<無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について>

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について
国土交通省HP:http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

 

R&W AVIATIONは航空局から飛行許可を包括許可・承認済です。

R&W AVIATIONは航空法のルールに基づいてフライトします。

ドローンフライトを行う場所や日時を予め決めた内容を、航空局に申請する必要がありますが、株式会社R&W AVIATIONでは、包括申請で許可を取っているため、お客様の急なスケジュールや天候によりドローンフライト日や撮影の変更などにも柔軟に対応出来ます。なお、夜間飛行、イベント飛行、目視外飛行等も全国対象に許可・承認を取得しております。

ドローン撮影フライトエリア 日本全国
申請許可上空 ・催し場所の上空飛行(イベント等)
・人または家屋の密集している地域の上空(人口密集地域)
・人または物件から30m以上の距離が確保できない飛行(近距離でのフライト
ドローンフライト可能時間 昼間・夜間
フライト方法 目視外飛行
【申請中】 空港周辺及び150m以上のドローン撮影

鹿児島でのドローン撮影のRWAAVIATONのドローン撮影許可証

書類の申請はとても複雑・専門知識が必要です。

航空局へ提出する書類の作成は大変で、なおかつ複雑な内容でもあります。弊社でも、提携行政書士事務所との連携により、申請代行を行っておりますが、弊社にドローンの撮影・フライををお任せいただければ、この様な申請は必要がありません。